岩手県盛岡市の管工事・水道施設・一般土木・基礎工事を行う会社

ソークテクノ株式会社ロゴ
(旧:有限会社カネシゲ工業)

ホーム > 会社案内

ソークテクノへのお問い合わせ

社長挨拶企業理念組織機構社名由来社章由来会社概要沿革

社長挨拶

ソークテクノ社員一同

社員一丸となって

全く異分野の有限会社カネシゲ工業を引き受けてから、あっと言う間に20年の月日が経ちました。 異分野だからこその苦労は致しましたが、日々どうやったらお客様から仕事をいただけるか、どうやったら信頼をいただけるか、必死で走ってきた20年でした。

今、20年の節目を迎えてふと立ち止まって見た時に、これから会社を成り立たせ、更に発展させ、お客様にこれまで以上のサービスを提供するためには、まず社員が働きやすい環境を作ることが大切であり、そのためには会社自体の組織機構の整備と人材の育成が必要であると考えました。

私たちが常に心掛けている企業精神を皆様にお伝えし、皆様からより信頼をいただける業務を遂行するため、ここに会社名称を変更し、一部組織機構を改編いたしました。

今後とも皆様のご期待に沿える会社であるよう、社員一丸となって邁進する所存ですので、今後ともご愛顧賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

代表取締役 川 村  進

企業理念

弊社の事業スローガンであります「ハイスピード&ハイクォリティ」は、社員一人ひとりが常に確かな技術を持ち、力強い行動力でお客様のご要望には即対応するという姿勢を表現しております。

管工事や基礎土木工事は建物が完成してしまうと目に見えない部分になります。 そのような仕事だからこそ、手を抜かず、信頼に値する仕事を心掛けております。

建設業界の中を堂々と生き、発展する会社を目指しております。

組織機構

弊社社長の川村が代表取締役に就任以来20周年を記念し、法人を株式会社登録にし、社名を変更いたしました。 同時に将来への発展を目指して組織改編を行いました。

社名由来

「ソーク」には、お客様を大切にし、お問い合わせには「即」対応、常に「迅速」な処理を心掛けるという意味があります。

また「ソーク」には、陽光を浴びる、吸収する、浸み込む、染み通るなどの意味があります。 弊社が当業界に馴染み、恵みを受け発展し、次々と技術を習得し、業界に対する良き影響力を持ち、発展して行くイメージを社名に込めています。

更に、「テクノ」を意識し、技術革新を図って行くことを目標に取り組んで参ります。

社章由来

社章

中央の図柄は4つの◇の升目でソークの「S」とテクノの「T」とをデザイン化し表現しています。 4つの◇は「会社」、「人」、「顧客」、「太陽」を意味しています。

2つの外輪と「S」と「T」は人と人のつながりや、全方向に対しての工事の安全の願いと企業の発展を表しています。

確かな技術と力強い行動力で常に会社のレベルアップを目指し、躍進しながら、業界の発展に寄与して行く会社のイメージを表現してあります。

社章のカラーはゴールドです。ゴールドは弊社が金属を扱う会社であることを表し、精神的には揺るぎない意思、盤石な企業思想、安心感や安定といった意味を持ちます。

品格と豊かさを持ち、常に存在感のある会社であることを目標にしています。

会社概要

社名 ソークテクノ株式会社
設立年 1982年(昭和57年)
本社所在地 〒020-0853 岩手県盛岡市下飯岡14地割99-11
代表電話番号 019-614-2511
代表者 代表取締役 川村 進
営業種目 管工事・水道施設
一般土木・基礎工事
許可

上下水道の指定工事店許可地区
盛岡市・滝沢市・花巻市・八幡平市・北上市・雫石町・紫波町・矢巾町・一戸町・岩手町・金ヶ崎町・宮古市・釜石市・山田町・大槌町

沿革

1982(昭和57)年1月27日 有限会社カネシゲ工業設立
1997(平成6)年5月14日 川村 進 代表取締役就任
2005(平成17)年4月1日 基礎土木工事部門設立
2015(平成27)年12月24日 ソークテクノ株式会社に登記変更
ソークテクノ株式会社 〒020-0853 岩手県盛岡市下飯岡14地割99-11 TEL.019-614-2511 FAX.019-614-2512
Copyright© 2016 ソークテクノ株式会社 All rights reserved.